日本ナットウキナーゼ協会によると、夏は「血栓注意」だそうです。 とくに血圧が高いとか糖尿病の方には注意が必要みたいです。

日本ナットウキナーゼ協会では、気温が32℃を超えたら血栓による死亡率が増加するといっています。 日本のジメジメした梅雨時から、太陽が照りつける夏…この時期は、気温がグングン上がる傾向が多いですからこれは、要注意ですね!!

さらに、日本ナットウキナーゼ協会によると、35歳以上の人は血栓が詰まりやすいだとか。 これは、血栓症患者を年齢別に集計してまとめたデータによるもので、その結果35歳以上から急激に血栓患者が増え出していることが分かったようです。

ということは、気温35℃を超えた日、35歳以上の人は無理をしないことが一番ということですねっ! そして、それを簡単に予防する方法としてあげられるのはもちろん「ナットウキナーゼ」を摂取すること。 ナットウキナーゼは、血栓の主成分に直接作用し、分解する働きをします。

そのため、血栓予防には大変効果的だというのです。

高血圧や糖尿病など、血栓が心配されるかたは積極的にナットウキナーゼをとったほうがよさそうですね。 しかし、納豆をそのまんま食べればナットウキナーゼが多くとれるかというと、そうでもないらしいです。 効果的にとるためには納豆よりもナットウキナーゼ成分をとることが望ましいらしいです。

健康的な人なら納豆を一日1パック食べることでも十分かもしれませんが、血栓が心配される人は、サプリメントやドリンクなど健康補助食品などからも摂取するとより効果的かもしれないですね。

即日発送可能な酵素ドリンクはこちらです!